不動産投資を少額で始める方法!投資のメリットや資金調達方法まで

不動産投資を少額で始める方法!投資のメリットや資金調達方法まで

投資をしようと考えている方は年々増える傾向にあるようです。銀行の低金利や将来年金への不安がその最たる理由だとされています。今回は投資の中でも、不動産投資について注目していきます。

不動産投資というとどのようなイメージをお持ちでしょうか?多くの人たちは、不動産投資を始めるには高額な自己資金が必要だと考えている方が多いようです。実はそうではない、ということをここで紹介していこうと思います。

\賃貸併用住宅の投資の無料相談はこちら/

03-6685-1515

受付時間10:00~18:00(土・日・祝休み)

不動産投資を始める際のメリットは?

不動産投資を始める際のメリット

最大のメリットは、「長期間収入を得ることができる」ということです。

また、不労収入でもあるため、何もしなくてもお金が手に入るというのも魅力です。冒頭で投資を始めるきっかけとして、将来の年金に対しての不安がある、という理由が多くあると述べましたが、不動産投資はそのような方にぴったりな投資方法だと言えます。

老後、これまでのように働けなくなったとしても、生活をするにはお金が必要です。もし受給される年金だけで生活費が足りなくなった場合、誰かに援助をしてもらわなければ生きていくことは困難です。しかし、不労所得があれば余裕をもって暮らすことができます。これは老後に関わらず、突然病気や怪我で働けなくなった場合にも同じことが言えます。人生何が起こるかはわからないため、備えがあれば精神的にもかなり楽になるのではないでしょうか。

また、不動産投資のメリットとして、インフレ対策になることもあげられます。インフレとは、簡単に言えば物価が上がることをいい、今まで1000円で買えていたものが1500円になってしまうようなことを言います。もし、現金を持っていたとしたら、インフレの場合、お金の価値が下がってしまったことになりますが、不動産の場合はその不動産自体の価値は上がりやすく、利益を生みやすくなります。現金より安定した価値を維持できるのも魅力の一つと言えるでしょう。

不動産投資を始める場合に考えられる資金の調達方法

不動産投資をしようと考えている方で、資金面で躊躇してしまう人は多くいらっしゃるのではないでしょうか。では、具体的にどのように資金を調達すればいいのか、ここで解説していきます。

不動産投資で資金を調達する方法としては、自己資金から始める方法と銀行からの融資を受けて始める方法があります。ただ、自己資金が潤沢にあり、現金一括で不動産を購入できる方はあまり多くないでしょう。そのため、後者が一般的な方法となります。

融資となると多額の借金を背負うのではないかと考えがちですが、実は頭金がなくてもフルローンが組みやすくなっているので、少額の頭金で不動産投資を始めることができます。その場合、年収によって借入できる金額は変わってきます。

また、物件を取得するうえで諸経費が必要になりますが、これもローンを組むことが可能になっています。ただし、諸経費ローンは一般のローンと比べると金利が高くなっているので、その点は注意しておきましょう。

実は少額から始められる!

少額から始める不動産投資

これまで書いてきた通り、不動産投資のメリットとしてはやはり、長期的で安定した収入にあります。また、少額資金でも不動産投資を気軽に始められるのをご理解いただけたと思います。

他の投資の場合、そもそも手元に現金がないと投資を始められないのに対し、銀行から融資を受けることで投資を始めることができるのが不動産投資の魅力と言えます。今後、長い人生を楽しむためにも不動産投資をすることで、明るい将来設計をしてみてはいかがでしょうか。