不動産投資のメリット・デメリットは!?初心者でもわかる投資知識

不動産投資のメリット・デメリットは!?初心者でもわかる投資知識

投資というと、皆さんどのようなイメージをお持ちでしょうか?ギャンブルな感覚だと考えている方から、老後などのために資産を増やす方法の一つなどなど、実情は知らずとも、様々なイメージをお持ちの方がいらっしゃると思います。

今回は投資の中でも、不動産投資のメリット・デメリットについてご紹介します。私たちにとって、長期的に安定した収入を得ることができる不動産投資は魅力的な部分がたくさんあるのです。

\賃貸併用住宅の投資の無料相談はこちら/

03-6690-1621

受付時間10:00~18:00(土・日・祝休み)

不動産投資とは

不動産投資とは

不動産投資とは簡単にいうと、自分が住むために不動産を購入するのではなく、利益を得るために不動産を購入することです。

購入した不動産を他の人に貸し、その家賃収入を得ることで利益を出したり、また売却することで利益を儲けたりするのが基本的な不動産投資の考え方になります。前者を「インカムゲイン」、後者を「キャピタルゲイン」と言います。

実際、不動産投資をされている方の多くは、購入した不動産からの家賃収入を目的として投資されているようです。投資の方法としては、まず金融機関からローンで不動産を購入し、家賃収入からローンを返済し残りを利益にする、という仕組みになっています。

では、なぜ不動産投資が注目を集めているのでしょうか?様々な金融商品の中でも注目を集めている理由について探ってみましょう。

不動産投資のメリット!

不動産投資のメリット

では、不動産投資のメリットについてみていきましょう。

まず挙げられるのが「安定した収入が得られる」ことです。
株やFXは確かに時に大きな利益を生むことがありますが、安定して長期的に利益を生み続けるには、それ相応の知識が必要になります。

それに比べ不動産投資は、前述の“不動産投資とは”でも説明した通り、インカムゲインとキャピタルゲインという2種類の利益をあげる方法があるため、安定して利益を得ることが可能なのです。

インカムゲインとキャピタルゲイン

40歳で30年ローンを組み、2000万円の物件を購入するとします。
月々の収入としては家賃収入があり、月95,000円の収入があります。
対して月々の支出は、ローン返済額の84,320円と管理・修繕費の10,000円を合わせた94,320円です。
つまりプラスになる金額はほとんどありませんが、ローンの返済を自分自身で行わなくても不動産を持つことが出来るのです。そのままローン完済すれば、そのあとは家賃収入がそっくりそのまま自分の収入となります。

また、図のとおり、購入から20年後に売却するとします。
その場合、購入時よりも600万円安い、1400万円でしか売ることができなかったとしましょう。
ただ、20年間分は家賃収入によりローンを払っているので、残債は870万円です。
つまり購入時よりも物件の価値が下がってしまっていても、売却益として利益を得ることができるのです。

不動産投資のメリットは、長期的に運用することで、インカムゲインとキャピタルゲインどちらの恩恵も受けることが出来る、という点です。

また、不動産投資は専門的な知識が必要なく、管理会社が保守・家賃回収などを代わりに行ってもらえるため、自分で努力しなくても一定の利益を得ることができます。
株のように日々のニュースや値動きを見る必要がないため、「他のことに時間をかけながら一定の収入を手に入れられる」というのが、不動産投資の人気が高まってきている理由だと言えるでしょう。

不動産投資のデメリット!

不動産投資のデメリット

次にデメリットについて見ていきます。

家賃収入を得る場合、当然入居者がいなければ収入を得ることができません。
なかなか入居者が決まらないと固定資産税やローンなどを払うことが困難になります。入居者が入りやすいかつ信頼できる管理会社を探さなければ、利益どころか収入を得ることすらできません。高額な資産になりますので、不動産投資を始める場合は計画を立てて慎重に行う必要があります。

メリットにもデメリットにもなるもの

不動産投資は比較的安定している投資方法ですが、中には予測できない要素もあります。例えば、たまたま購入した物件の周辺地域が都市開発によって利便性の良い街になった場合、地価が高騰し予想よりも多くの利益を得る可能性があります。

しかし、その一方で街の衰退や天災などで入居者が減り、収入が得られず不動産としての価値も下がる場合もあります。このように、不動産投資には自分では把握しきれないメリット・デメリットが存在します。

100%安全な投資とは言い切れないので、挑戦する際は、万が一のことを考えた上で行うようにしましょう。もし、不動産投資に関して不安な部分があれば、専門のコンサルタントに相談することをおすすめします。自分一人で悩んでしまい、誤った道を選ぶよりはプロからのアドバイスを得てより安全な道を進んだ方がリスクの軽減につながります。

どの投資にも言えますが、起こりうるリスクをできる限り抑えながら運用するのが、投資成功の近道と言えるのではないでしょうか。

メリットとデメリットを踏まえてはじめよう

不動産投資のメリット・デメリット両面を述べてきましたが、いかがでしょうか?

基本的に長期間保有するものですし、他の投資方法に比べると特別なスキルが必要なわけではありません。今後働けなくなっても安定した収入を得たい、5年、10年後を見据えてじっくりと資産を増やしたいとお考えの方は、不動産投資を検討してみましょう。