不動産投資を20代から始めるメリット!今すぐできる不動産投資方法

不動産投資を20代から始めるメリット!今すぐできる不動産投資方法

少子高齢化はどんどん進み、将来もらえる年金はどんどん減っていくとされている中、皆さんは老後破産を防ぐためにどのような対策をお考えでしょうか。

保険に入ったり貯金をしたり、会社で確定拠出型年金に加入したりと様々な方法がありますが、まだ20代だから老後のことなんてまだ早い・・・なんて思っていたりしませんか??

老後に豊かな生活を送りたいのであれば、今からしっかりと対策をしておく必要があります。今回は不動産投資が20代の方におすすめな理由をご紹介します。

\賃貸併用住宅の投資の無料相談はこちら/

03-6690-1621

受付時間10:00~18:00(土・日・祝休み)

不動産投資は20代で始めるメリット

不動産投資メリット お金を借りて出来る唯一の投資方法

お金を借りて出来る唯一の投資方法

20代といえばまだ給与も低く、上京された方であれば自宅の家賃や大学の奨学金返済などもあり、投資にお金を回すほど貯金が出来ていない方は多いのではないでしょうか。「投資は生活に余裕が出来てお金が貯まってから始めよう・・・」と考えるのは普通だと思います。

株式投資や先物取引など投資には様々な種類がありますが、金融機関に対して「投資を始めるためにお金を貸して欲しい」と頼んでも、普通は貸してくれません。しかし、不動産投資はお金を貸してくれます。なぜなら金融機関はその購入した不動産を担保(抵当権設定)にしてお金を貸し、債務者が万が一返済不能となった場合は不動産を売却して残債を回収できるからです。

つまり、自己資金がない20代でもお金を借りてスタート出来るのが不動産投資なのです。お金を借りれば当然ローンの返済が始まりますが、毎月の返済は家賃収入で返していけるので、その点もお金に余裕がない20代にぴったりの投資方法かもしれません。
20代の方だとローンを組んだことがない方も沢山いると思います。
不動産投資を始める際に組む『不動産投資ローン』については下記の記事で詳しく紹介していますので、ぜひ合わせて見てみてください。

不動産投資ローンとは?不動産投資のために融資を受ける方法

2018.01.10

不動産投資は手間がかからない

不動産投資メリット 不動産投資は手間がかからない

物件を所有すると何かと手間がかかるイメージがあるかもしれません。しかし、そういった業務を全て代行してくれる管理会社というものが存在します。管理会社と契約してしまえば自分で物件の管理をする必要はありません。普段は仕事をして、休みの日は飲み会や趣味に時間を費やしつつ、資産形成をすることが出来るのです。

また、株式投資や先物取引の場合は株価や価格の動き、世界情勢など常に情報取集していなければなりませんが、不動産投資の場合は急に家賃が下がったり価格が下がる事はありませんから、仕事に遊びに忙しい20代でも気軽に始めることが出来ます。

20代だからこそできる不動産投資方法

不動産投資メリット 20代には時間がある

20代には時間がある

30代、40代になり老後が近づいてくるにつれ資産形成を考え始めるという方は多いです。不動産投資を始める場合、30代・40代の方より圧倒的に20代のほうが有利な点があります。それは定年退職までの期間が長いということです。不動産投資を始める場合大抵の人はローンを組みますが、大体ローンの年数は30年を超える場合が多いです。

つまり、30代・40代で不動産投資を始めるとなると定年退職を迎えてもローンが残ってしまうことがあるのです。その場合退職金で繰り上げ返済をする人が多いですが、20代でローンを組めば定年退職の前にローンの支払いを終えることが出来るのです。

また、ボーナスなどで繰り上げ返済をしていけばもっと早く払い終えることも出来ます。ローンが完済されれば家賃収入をそっくりそのまま手に入れることも出来ますし、売却してしまってもいいでしょう。不動産投資はインカムゲイン(家賃収入)とキャピタルゲイン(売却益)の2種類の利益がありますが、20代から不動産投資を始めればそのどちらからも最大限の効果を得ることができるのです。

まとめ

不動産投資は物件の金額が高額なためお金のある人がやっているイメージがあるかもしれませんが、実は20代の方でも始めることが出来る投資方法なのです

しかし投資には変わりませんので、少なからずリスクもあります。そのリスクを最小限に抑えて始めるためにも専門家の話を聞くことをおすすめします。この記事を読んで少しでも不動産投資に興味を持っていただけたのであれば、お気軽に不動産投資カレッジお問い合わせフォームよりお問い合わせください。