サラリーマンにおすすめと言われる賃貸併用住宅!そのメリットとは?

サラリーマンにおすすめと言われる賃貸併用住宅!そのメリットとは?

前回、「今話題の賃貸併用住宅とは??賃貸併用住宅の基礎知識!」で、賃貸併用住宅の基本的な説明をしました。
結婚もしていないし、マイホームもいらないし、自分には関係のない話だなぁ、と感じたサラリーマンのみなさん!
実は、賃貸併用住宅は、サラリーマンの方におすすめしたい投資方法なんです!
なぜおすすめなのか、早速ご紹介していきます。

\不動産投資初心者の為の無料相談はこちらから/

お問い合わせフォームへ

賃貸併用住宅のメリット

賃貸併用住宅のメリット

賃貸併用住宅は通常の住居と異なり、賃貸部分がありますので「家賃収入」を得ることが出来ます。
家賃収入をローンの返済に充てることで、自身の負担を減らすことが出来ますし、専門家に相談をしてしっかりと賃貸需要のある土地に賃貸併用住宅を建てれば、空室リスクも抑えられ、ローンを家賃収入で全て賄えるだけでなく、利益をだすことも可能です。

また、不動産投資用の物件を購入するとなると、不動産投資ローンが適用されますが、賃貸併用住宅は、同じ建物内にオーナーの住居部分が含まれますので、住宅ローンを組んで購入することが出来ます。
住宅ローンと不動産投資を比較すると、住宅ローンのほうが安い金利で、長期ローンを組むことができるのです。

結婚をして子供ができ、大きくなって一人暮らしをしたい!となっても、賃貸部分に住ませてあげることもできますし、その子供が家庭をもったとき、リフォームして二世帯住宅にすることも賃貸併用住宅なら可能です。

詳しくは、「今話題の賃貸併用住宅とは??賃貸併用住宅の基礎知識!」にて説明していますので、まだ読まれていない方は併せて読んでみてください。

なぜサラリーマンにおすすめなのか

賃貸併用住宅はサラリーマンにおすすめ

賃貸併用住宅は所有者の居住スペースが含まれていますので、そこに住むことになります。
現在賃貸に住んでいる方の場合、賃貸部分の家賃収入でローンを賄えれば今まで払っていた家賃代を浮かすことが出来ますし、また自分の資産を持つことが出来ます。

今まで払っていた家賃を貯めて、繰り上げ返済に充てれば、ローンを早く完済することも出来るのです。
マイホームを持ちたくても、年収が低く、なかなか踏み切れない、という方にも賃貸併用住宅はおすすめです。
賃貸併用住宅は、ほぼ支出なしで持つことが出来るため、普通にマイホームを持つよりも負担を軽く、利益がでればプラスαの収入にもなります。
もちろん売却することも可能ですので、通常の不動産投資と同様、家賃収入のインカムゲインだけではなく、キャピタルゲインで利益を得ることも可能です。

また、住宅ローンを組むと、住宅ローン控除を受けることが出来ます。
住宅ローン控除とは、正式名を「住宅借入金等特別控除」といい、住宅ローンを組んでいる人を対象に、年末に残っている住宅ローンの1%が支払った所得税から還付される制度のことです。適用される期間は10年間で、最大400万円が還付されます(平成33年12月31日までに取得の場合)。
これは不動産投資ローンを組んでいても適用されません。
もちろん住宅ローンを組んでいる金額や、年末時の残債、借りている人の年収など、さまざまな条件で還付額はかわってきますが、少しでもお金が戻ってくるのは嬉しいですよね!

まとめ

賃貸併用住宅メリットのまとめ

賃貸併用住宅はあくまでも不動産投資の一種です。
しっかりと利益を出さなければ意味がありませんし、入居者が付かずローンの返済が出来ない・・では元も子もありません。
そのためには、なるべく空室にならないためにはどうしたらいいのか、賃貸需要はどんな土地にあるのか・・・など、しっかりと専門家のアドバイスを聞き、購入するのが一番安心です。

不動産投資カレッジでは、賃貸併用住宅に精通している専門家をご紹介することもできますので、ぜひ一度ご相談ください。
もちろん賃貸併用住宅だけではなく、通常の不動産投資のご相談も承っています。
安心して不動産投資を始められるよう、相談者の方に合わせたご提案をさせていただきますので、まずはお気軽にご連絡ください。