今話題の賃貸併用住宅のメリットとは?賃貸併用住宅の基礎知識!

今話題の賃貸併用住宅のメリットとは?賃貸併用住宅の基礎知識!

みなさんは賃貸併用住宅というものをご存知でしょうか。
その名の通り、自宅と賃貸物件が一緒になっている住宅を賃貸併用住宅と呼びます。
人生の中で一番高い買い物と言われる住宅購入ですが、賃貸併用住宅をうまく活用することで、ローン負担を軽減することが出来たり、老後の安定した収入源にすることも可能です。

今回はそんな今話題の賃貸併用住宅について、基本的な知識をご説明いたします。

\賃貸併用住宅の投資の無料相談はこちら/

03-6685-1515

受付時間10:00~18:00(土・日・祝休み)

賃貸併用住宅とは

賃貸併用住宅とは、自宅の一部が賃貸物件になっている住宅のことを指します。
こうすることで、マイホームを持てるだけではなく、賃貸部分からの家賃収入を得ることが出来るのです。

賃貸併用住宅とは

上記のように自宅スペースと賃貸スペースのあり方は様々です。
お子様が結婚した際には、賃貸部分をリフォームして二世帯住宅にしたい・・・など、今後のライフプランに合わせてマイホームを持てるのも、賃貸併用住宅の強みです。
では、他にどのようなメリットがあるのでしょうか。

賃貸併用住宅のメリット

賃貸併用住宅のメリット

賃貸併用住宅の一番のメリットは何といっても家賃収入があるという点です。
家賃収入をローンの返済へと充てることで、月々の返済の負担を軽くすることが出来るため、普通にマイホームを建てる場合では、負担が大きく諦めなければいけなかった立地でも、賃貸併用住宅を活用することでマイホームを持てるかもしれません。
ローンの返済が終われば、家賃収入はそっくりそのまま収入となりますので、老後の安定した収入源として活用することができます。

また、通常、家賃収入を得ようと投資用マンションを購入したり、賃貸住宅を建てる場合は不動産投資ローンの融資を受けることになりますが、賃貸併用住宅の場合、自宅スペースが建物全体の50%を超えていれば住宅ローンを組むことが出来ます。

賃貸併用住宅のメリット

賃貸併用住宅のデメリット

反対に賃貸併用住宅のデメリットとして何が考えられるのでしょうか。
まず、賃貸物件の空室リスクが考えられます。
通常のマイホームよりも賃貸併用住宅のほうが、建設費はかかりますので、その分月々のローン返済額も大きくなります。
借り手がつかなければ、家賃収入を得ることが出来なくなりますので、ローンの返済に充てることも出来なくなります。
これは、マイホームを建てるだけの場合にはないリスクと言えるでしょう。

次に、入居者とのトラブルです。
マイホームの場合は、自分の家族が住む家ですので、何も気にせず生活することが出来ますが、賃貸併用住宅の場合、自宅と賃貸スペースが隣接していますので、全くの他人である入居者の生活音など、気になることが出てくる可能性があります。

また、本当に自分たちで賃貸を管理できるのか、という不安を覚える方も多いかと思います。
入居者同士がトラブルになった、設備に不備が発生した、家賃の回収など、大家さんになったからにはやらなければならないことが多くなり、今まで経験したことがないため、きちんと管理することが出来るのかと、心配になってしまうのです。

しかし、実際には賃貸管理を自分たちだけで行う方はほとんどいません。
賃貸状況の管理や物件の管理、大家さんの通常業務などサポートしてくれる会社はたくさんあります。
そういった会社をうまく活用することで、賃貸併用住宅のリスクはほとんどなくなります。

まとめ

いかがだったでしょうか。
夢のマイホームを自分の思い通りに建てるとなると、やはりそれなりに金額がかかってきます。
賃貸併用住宅をうまく活用すれば、理想のマイホームを建てることも夢ではありません。

今回は賃貸併用住宅のメリット・デメリットについて紹介してきましたが、具体的にどんな家を建てることが出来るのか、どんな場所に建てることができるのか、実際の賃貸併用住宅の物件はどんな感じなのか、いろいろと気になることは沢山出てくるかと思います。

不動産投資カレッジでは、賃貸併用住宅に精通している専門家をご紹介することもできますので、些細なことでも安心してご相談いただけます。

ご相談は無料で承ることが出来ますので、お気軽にお問い合わせフォームよりご連絡ください。